メルマガ登録はこちら

グリーフサポート | 心ハミングのグリーフサポート

「グリーフサポート」

「グリーフサポート」
  • コラム 2019年2月18日

    「私、まだ未練があるんです・・・」

     

     

    「私、まだ未練があるんです・・・」

    「彼に生きていて欲しかった・・・」

     

     

    これは、

    グリーフサポートカウンセリング
    にいらしていたMさんのメールの言葉です。

     

     

    私は、こう言いました。

     

    「未練を持っていたって
    当たり前のことよ。」

     

     

    Mさん
    「当たり前と言ってもらい
    少しほっとしました。」

     

    Mさんは、大切な方を
    喪って1年と2ヶ月。

     

    大切な人の死を受け入れようと
    する自分と、
    受け入れられない自分がいる。

     

    受け入れられない自分を
    未練という言葉にしていらっしゃいます。

     

    自分の中から湧き上がってくる
    様々な感情に対して、自分を
    責めてしまうことも多いことでしょう。

     

     

    大切な人がもういない。
    という現実を、なんとか
    受け入れようと頑張っていて、
    でも
    「生きていて欲しかった!」
    という気持ちが瞬間に湧いてきて
    そのたびに
    もう彼がいないという現実を
    また突き付けられて・・・
    そんな自分が苦しい・・・

     

     

    加藤
    「私だって、いつもいつも
    夫が生きていてくれたらって
    思わない日はないですよ!」

    ふと彼のことを想う。
    それだけの時もあれば、

    「ああ、彼と一緒に味わいたかったな」
    と幸せなことがあるたびに思う。

    自分でできないことがあると、
    「彼がいたらすぐにやってくれるのに」
    と思う。

    こんな、感じでいつも私の感情
    が自由に出てくることを
    あたりまえにしているわけです。

     

    「いて欲しい。」
    と思うことは、
    「もういないんだ」
    と確認することでもある。

    このパターンは、変わらないけれど
    ただ、確実に私の感情は変化している。

     

    それは例えるとこんな感じです。

    悲しみを包み込んでくれる
    愛に気づくことかな。

     

    先程の

    「私だって、いつもいつも
    夫が生きていてくれたらって
    思わない日はないですよ!」

    その言葉に対してのMさんの
    返信メールは

     

    Mさん
    「そうなんですか?
    月日は流れても愛は永遠なんですね。」

     

    加藤
    「愛は永遠ですね。
    今日は、神戸の街を一人で散策したんです。

    『なぜ、横にいないの!!』って
    夫に文句言いながら歩いたり、
    船に乗ったんですよ。」

     

    Mさん
    「そうなんですね。
    神戸を散策なんて、ロマンチック!」

     

    そのまんまでいいよ!

     

    どんな感情が出てきたって
    そのまんまでいいんですよ!

     

    良いも悪いもない!

    未練があったってあたりまえ!

     

    だって、
    大切な大切な愛する存在なんだもの。

     

    まだまだ一緒に生きて、
    いろんなこと一緒に体験したかった!

     

    だから、
    いるべき人がそこにいないことを
    悲しんだり、腹を立てたりすることは
    あたりまえなんです。

     

    それは、何年たっても変わらないものでいい。

    ずぅ~とそうやって生きていったっていい!

    そんな自分を愛してあげてね!

     

     

    というわけで今日の私の
    神戸一人旅の様子

     

    北野の異人館

     

    スタバもおしゃれ

    ポートタワーではUFOが!なんてね。
    ガラス越しに撮ったらこんな面白い写真に

    私を応援してくれている!
    そんな名前の船でした。

     

     

    祝福の夕陽

     

     

    一人旅はいつもより、ずっとずっと長く
    夫と共にいる時間。

    出会う世界の中にたくさんの
    メーッセージを見つけ受け取れる。

    寂しいけれど、愛に包まれる。

     

    死別の悲しみは、
    一人で抱え込まないでください。

    何年経っていても心の中にしまい込んでいる
    あなたの声を聴かせてください。

     

    その声たちを自由に外に出してあげると、
    あなたにきっとギフトがもたらされますよ。

     

    さぁ、どんなギフトでしょうね。

     

    加藤久美子は
    一般社団法人グリーフサポート研究所
    (ジーエスアイ)
    認定グリーフサポートバディです。

     

    心ハミンググリーフサポート
    詳細はこちらです。

     

     

  • コラム 2018年3月30日

     

    悩み相談

    さくら祭りに誘われましたが行く気がしません。
    でも断るのは、悪いかなと思ってしまい気が重いです。
    いったいどうしたらいいでしょうか?

    (大切な人を亡くして初めて迎えた桜の季節に対するお悩み50代女性)

     

    答え

     

    お断りしても大丈夫ですよ。

     

    行く気がしないのは当たり前のことです。
    断ってもいいのです。


    それで周りの人を不快にすることはありません。

    周りの人の心より、あなたの心に気配りしてあげましょう。

     

     

     

     

    あなたの心で起こっていること

     

    大切な人を喪った後の心の中は
    様々な感情や思いにあふれかえっています。
    それらが湧き上がってくることが痛いほど辛くて
    どうしようもない時、知らず知らずのうちに
    自分の心の深くに閉じ込めてしまいます。
    するとそれらの感情たちはもう収まったかのように
    感じ
    「私はもう大丈夫。」と思っている場合が
    あります。

    しかしそれらの感情は、もう消えたのでしょうか?

    いいえ、心の奥深くに閉じ込められたままに
    なっているだけです。

    見ないふりをしているだけなのです。

    なので、なんらかのきっかけに一気にそれらの
    感情が
    外にあふれ出ることがあります。

     

    そのきっかけの一つがこの桜の季節です。

     

    あの時一緒に桜を見た大切な人が今は隣にいないのですから…

     

    「寂しいよう。」
    「会いたいよう。」
    「どうしていないの?」

    あなたの心の声が溢れてきます。

     

    そんな時にその本当の心の声を外に出してあげて
    おもいっきりその感情に浸ることは
    大切な人がもういない現実に
    折り合いをつけながら

    あなたらしく生きていくために
    とても重要な作業となります。

     

    「誘われたさくら祭りに行きたくない。」と
    思ったのなら、あなたは一人で桜を見ながら
    大切な人との思い出と共に過ごしたり
    自分の中にあるその人を思う感情と
    向き合う時間に

    したいのかもしれません。

     
    では具体的にどんな行動をおこしましょうか?

     

    対処方法

     

    自分の本当の気持ちを伝えてみましょう。

    自分を励まそうとしてくれている人に
    嫌な思いをさせたくないと
    自分の気持ちを抑えて我慢してしまう。

     

    それがとても辛かったり、
    心の負担になっていることを言葉にして
    伝えましょう。

     

    相手に悪いからと無理をすることより、
    自分の心を優先してあげましょう。

     

    「桜は美しいと思うけれど、
    そこに一緒に見たいあの人がいないの。

    今は私の心から湧き上がる寂しさと向き合い、
    あの人のことを静かに想いながら過ごしたいの」
    と伝えてみましょう。

     

    これはあなたにとっても周りの人にとっても、
    とても大事なことです。
    なぜなら、

    周りの人もあなたの辛い感情を
    理解してくれるだけではなく、

    グリーフ(死別体験をした後に湧き上がってくる
    様々な感情や思いを、外に出さず閉じ込めている
    状態)の方
    への対応を学ぶことになります。

     

    その人を励まそうと思ってかけた言葉が、
    逆に傷つけてしまうことがあります。

     

    自分の本当の気持ちを伝えることは、
    お互いに辛い時に支えあうことをする時に
    大切なことです。

    支える人も、支えられる人も
    共に学ぶことができます。

     

    今年の桜もあなたを癒してくれます。
    大切な人の思い出と共に。

    悲しみの大きさは、あなたの愛の大きさです。

     

    私の今年の桜 孫と一緒

     

    大切な人を喪った方、
    悲しみを言葉にすることからはじめませんか?
    言葉はあなたを癒し、さらに成長したあなたと出逢える道へと続きます。

    町田、八王子、厚木、相模原からの来店が多い
    心理カウンセリングルーム「心ハミング」
    加藤久美子に一度ご相談ください。

    ※海外に住む方、遠方の方はSkypeや電話で
    受けられています。

     

    まずは『体験カウンセリング』
    へお申込みください。
    『体験カウンセリング』詳細はこちらをクリック

     

     

  • コラム 2017年7月9日

     

     

    夫の一年祭(一周忌)は新しい
    自分の1歳の誕生日

    2016年に書いた記事です。

     

    「重い話を軽やかに書きたい」

    なぜなら、

    私は、
    ‘’あっという間に光の国へ旅立ってしまった夫‘’
    から教えられたことを、
    たくさんの皆さんに伝えたいと思うからです。

     

    【天国への単身赴任を希望した夫から家族への愛のレッスン】

    みたいな感じです。

     

    それを、今日は妻バージョンでお届けします。

    後はどんなバージョンがあるかというと

    娘  息子  孫  バージョンがあります。

     

    では

    【天国への単身赴任を希望した夫から家族への愛のレッスン】

     

    妻バージョン 

     

    昨日は、昨年(2015年)7月7日に旅立った夫の
    1年祭(一周忌)でした。

    夫は病名がわかってから半年あまりで逝ってしまいました。

    58歳の生涯でした。

     

    病名がわかってからの日々、
    私の心の揺れは、

    震度で言ったらどのくらいでしょうか?

     

    夫という相手を目の前にして、
    彼と向き合うこと以上に、
    自分の心と向き合うことの方が難しかったのです。

     

     

    彼はとても、メンタルが強い人でした。

    不平・不安・不満
    言うことがありませんでした。

     

     

    彼から教えられたことは

    彼の、

    瞬間、瞬間を生き抜く力

    です。

     

    彼を通して私が気づいたことを
    これからひとつずつゆっくり書いて
    行こうと思います。

     
    私は、昨日の

    1年祭(我が家は神道なので祭といいます)

    を迎えられた喜びを感じています。

     

    喜びって何?

    お誕生日を迎えた喜び

    みたいな表現ですね。

     

    普通はそんなこという方はいませんよね。

     

    故人を忍ぶ日なのに・・・

    でも私にとっては

    喜びなのです。

     

    日々、一生懸命に生きてきた

    新生、加藤久美子の1歳の誕生日なんです。

    自分でいうのもおかしいですが、
    夫のからだがリアルにない現実を、
    寂しくって、苦しくって、せつなくて、
    どうしようもない現実を
    けなげに生きてきた、
    新生、加藤久美子の1歳の誕生日なんです。

     

    だから夫の1年祭は

    私の新しい私の1歳の誕生日なんです。

     

     

    彼が私を祝福してくれていることを感じた昨日でした。

     

    空には、羽雲がたくさん

    出現していました。

     

    大切な人を喪った方、

    悲しみを言葉にすることからはじめませんか?
    言葉はあなたを癒し、さらに成長したあなたと出逢える道へと続きます。

    町田、八王子、厚木、相模原からの来店が多い
    心理カウンセリングルーム「心ハミング」
    加藤久美子に一度ご相談ください。

    ※海外に住む方、遠方の方はSkypeや電話で
    受けられています。

     

    まずは『体験カウンセリング』
    へお申込みください。
    『体験カウンセリング』詳細はこちらをクリック

     

     

  • コラム 2017年6月3日

     【自分の感情にふたをしていました】グリーフサポート

    本当の自分の気持ちって?

     

    今まで様々なスキルを使って
    心の開放をしてきた私ですが、
    ここに来てさらに、
    真実の自分の気持ちを
    わかっていなかったことに
    気づいてしまいました。

     

     

    自分の気持ちに正直に生きる。

    自分の気持ちを大切に生きる。

    自分の気持ちに素直に生きる。

     

    このような言葉を目にしたり、
    聞くことが多いかと思います。

     

    私も文章に書いたり
    言葉にしたり、していました。

     

    私は自分の行動の土台は

    自分の気持ちに素直に生きる。

    そこからの行動だと思っていました。

     

    自分の気持ちに素直に生きることが
    出来ていると思っていました。

     

    ところが、違っていたことに
    気づいてしまいました!!!

     

    自分の気持ちに素直に生きている。

    と思っていたことが違っていたのです!

     

    それは大きな大きな驚きでした!

     

    それはどういうことかというと、

    自分の気持ちそのものが

    本当の気持ちではなかったことに
    気がついたのです!

     

    なので、
    自分の気持ちに素直に従って
    行動していると疑わなかった
    私自身の行動の土台そのものが
    違っていたのです。

     

     

    どうしてその行動をするのか
    本当の理由が明確になったのです。

     

    本当の自分の気持ちだと思っていた
    私の気持ちの奥には、まだまだ
    真実の私の気持ちがあったのです。

     

    真実の私の気持ちが
    出てこないように
    ふたがしてあったのでした。

     

    心ハミング心のふた.jpg

     

     

     

    気持ち、感情を自由に
    表現できていると
    思っていただけに

    本当にびっくりしました。

     

    ここがわかったとたんに

    涙があふれてきて本当の自分の
    気持ち、感情をやっと
    外に出してあげることができました。

    まだ、まだ出てきそうです。

     

    心が軽くなりました。

    心も体もハミングしています。

     

    感情を解放してあげることが
    できてからは

    日に何度も泣いてばかりいます。

     

    「泣いてもいいよ!」
    と許可を
    出してあげることができたからです。

     

    今日は、天国に単身赴任中の
    愛する夫の2年祭(2ねんさい)でした。
    (我が家は神道なので祭りの字がつきます。)

     

    今日は
    大切な家族や仲間に支えられて

    たくさん泣きました。

    いつも私を支えてくれている友達からは
    会うたびに、
    「くみねえ(私のこと)は、
    もっと泣いたほうがいい!」
    と言われ続けていて、
    そのたびに私は「泣いてるよ。」
    と言ってきました。


    泣いていたんですよ。ちゃんと。

    でも今回わかったんです。
    私自身が私に「泣いていい!」と
    許可をちゃんと出して
    泣いていなかったことに・・・

     

    だから、もっともっと泣くことに
    したんです!!

     

    私の特技は
    泣いたからすがもうわらった!
    なのでたくさん、たくさん
    笑うこともできます!

     

    15823454_1283783575096490_4265688053870334554_n.jpg

     

    自分の気持ちに正直に生きる。

    自分の気持ちを大切に生きる。

    自分の気持ちに素直に生きる。

     

    今の自分の気持ちが
    本当の自分の気持ちかどうか???

     

    心のふたを開けてもっと、もっと
    解放してあげたいです!

     

    今回の気づきは、
    「グリーフ」を学ぶことで
    気が付いたことでした。

    グリーフとは、
    日本語にすると「悲嘆」という意味です。

    大切な人を亡くし、
    深い悲しみや苦しさの中に身を置き、
    何とか大切な人が生きていた頃のように
    元気を取り戻そうともがいています。
    でも、取り戻せるものではないのです。
    大切な人のいない生活に折り合いを
    つけながら生きていくのです。

    私もまさに「グリーフ」の状態でした。

    想像以上に「グリーフ」でした。

    私と同じように、大切な方を亡くして
    毎日を必死で生きている方が
    いらっしゃることでしょう。

    一人で悩まず、苦しまず
    今の思いを話してみませんか?

     

    大切な方を亡くした時、
    今、心の中でどんなことが起こっているのかを知って、

    自分らしく、前に歩き出すきっかけとなるように
    私の死別の経験とグリーフの専門知識を使って
    サポートさせていただきます。

     

    大切な人を喪った方、
    悲しみを言葉にすることからはじめませんか?
    言葉はあなたを癒し、さらに成長したあなたと出逢える道へと続きます。

    町田、八王子、厚木、相模原からの来店が多い
    心理カウンセリングルーム「心ハミング」
    加藤久美子に一度ご相談ください。

    ※海外に住む方、遠方の方はSkypeや電話で
    受けられています。

     

    まずは『体験カウンセリング』
    へお申込みください。
    『体験カウンセリング』詳細はこちらをクリック