メルマガ登録はこちら

死別カウンセリング | 心ハミングのグリーフサポート

「死別カウンセリング」

「死別カウンセリング」
  • コラム 2019年2月18日

    「私、まだ未練があるんです・・・」

     

     

    「私、まだ未練があるんです・・・」

    「彼に生きていて欲しかった・・・」

     

     

    これは、

    グリーフサポートカウンセリング
    にいらしていたMさんのメールの言葉です。

     

     

    私は、こう言いました。

     

    「未練を持っていたって
    当たり前のことよ。」

     

     

    Mさん
    「当たり前と言ってもらい
    少しほっとしました。」

     

    Mさんは、大切な方を
    喪って1年と2ヶ月。

     

    大切な人の死を受け入れようと
    する自分と、
    受け入れられない自分がいる。

     

    受け入れられない自分を
    未練という言葉にしていらっしゃいます。

     

    自分の中から湧き上がってくる
    様々な感情に対して、自分を
    責めてしまうことも多いことでしょう。

     

     

    大切な人がもういない。
    という現実を、なんとか
    受け入れようと頑張っていて、
    でも
    「生きていて欲しかった!」
    という気持ちが瞬間に湧いてきて
    そのたびに
    もう彼がいないという現実を
    また突き付けられて・・・
    そんな自分が苦しい・・・

     

     

    加藤
    「私だって、いつもいつも
    夫が生きていてくれたらって
    思わない日はないですよ!」

    ふと彼のことを想う。
    それだけの時もあれば、

    「ああ、彼と一緒に味わいたかったな」
    と幸せなことがあるたびに思う。

    自分でできないことがあると、
    「彼がいたらすぐにやってくれるのに」
    と思う。

    こんな、感じでいつも私の感情
    が自由に出てくることを
    あたりまえにしているわけです。

     

    「いて欲しい。」
    と思うことは、
    「もういないんだ」
    と確認することでもある。

    このパターンは、変わらないけれど
    ただ、確実に私の感情は変化している。

     

    それは例えるとこんな感じです。

    悲しみを包み込んでくれる
    愛に気づくことかな。

     

    先程の

    「私だって、いつもいつも
    夫が生きていてくれたらって
    思わない日はないですよ!」

    その言葉に対してのMさんの
    返信メールは

     

    Mさん
    「そうなんですか?
    月日は流れても愛は永遠なんですね。」

     

    加藤
    「愛は永遠ですね。
    今日は、神戸の街を一人で散策したんです。

    『なぜ、横にいないの!!』って
    夫に文句言いながら歩いたり、
    船に乗ったんですよ。」

     

    Mさん
    「そうなんですね。
    神戸を散策なんて、ロマンチック!」

     

    そのまんまでいいよ!

     

    どんな感情が出てきたって
    そのまんまでいいんですよ!

     

    良いも悪いもない!

    未練があったってあたりまえ!

     

    だって、
    大切な大切な愛する存在なんだもの。

     

    まだまだ一緒に生きて、
    いろんなこと一緒に体験したかった!

     

    だから、
    いるべき人がそこにいないことを
    悲しんだり、腹を立てたりすることは
    あたりまえなんです。

     

    それは、何年たっても変わらないものでいい。

    ずぅ~とそうやって生きていったっていい!

    そんな自分を愛してあげてね!

     

     

    というわけで今日の私の
    神戸一人旅の様子

     

    北野の異人館

     

    スタバもおしゃれ

    ポートタワーではUFOが!なんてね。
    ガラス越しに撮ったらこんな面白い写真に

    私を応援してくれている!
    そんな名前の船でした。

     

     

    祝福の夕陽

     

     

    一人旅はいつもより、ずっとずっと長く
    夫と共にいる時間。

    出会う世界の中にたくさんの
    メーッセージを見つけ受け取れる。

    寂しいけれど、愛に包まれる。

     

    死別の悲しみは、
    一人で抱え込まないでください。

    何年経っていても心の中にしまい込んでいる
    あなたの声を聴かせてください。

     

    その声たちを自由に外に出してあげると、
    あなたにきっとギフトがもたらされますよ。

     

    さぁ、どんなギフトでしょうね。

     

    加藤久美子は
    一般社団法人グリーフサポート研究所
    (ジーエスアイ)
    認定グリーフサポートバディです。

     

    心ハミンググリーフサポート
    詳細はこちらです。

     

     

  • グリーフサポート体験談コラム 2018年2月14日

    グリーフサポート個人カウンセリングを受けて

     

    12年前に、ある大きな喪失を体験された
    Yさんから「グリーフサポート」個人カウンセリング
    のご感想を頂きました。

     

    Q.今回グリーフサポート個人カウンセリングを受けることを決めたのはどんなことからでしたか?
    決め手となった言葉などありますか?

     

    『お友達が通っているサロンで、
    とても素敵な方だと伺い安心感がありました。』

    以前からカウンセリングは
    受けてみたいと思っていました。


    ネットで調べるのですが、
    なかなかその先に進むことができず、
    かわりに占いに行っていました。

    私の悩みなんてただのわがまま。
    わざわざ専門家に話を聞いていただくほどの
    悩みではないのでは?など

    自問自答して踏み出せませんでした。

    それでも心のもやもや、イライラ、が
    消えることはなく楽になりたい、
    なれる方法はないのかと自己啓発本を読んでは
    立派な人間になろうと焦っていました。

    アメリカの映画を見ると日常的にカウンセリングを
    受けているのが羨ましかったです。

    友人は、よもぎ蒸しで通っていらっしゃいますが、
    身近なお友だちと共通のサロンということが
    今までと違い、カウンセリングを身近に感じることができました。

     

     

    Q.カウンセリングを受ける前と後でどんな変化がありましたか?

     

    『初めて自分を感じることができそうな気がします』

    自分を愛する。
    自分を俯瞰してみる。
    他人の意見ではなく自分の気持ちに正直になる。
    過去の選択で今の自分がある…などなど、
    自己啓発本で読み、なるほど!と
    思ってもその先をどうしたらいいのか、
    そういう気持ちになれなかったら、どうしたらいいの
    か?
    いつかそうなれたらいいな…で終わっていました。

     


    それがカウンセリングをしていただいた後、
    「自分という個体があり、
    自分が自分を否定したらかわいそう。」
    と思えるようになりました。


    まだ漠然とですが、
    「自分にもっと興味、目をむけて理解したい、
    出来る!」

    そう思えるだけで気持ちが楽になりました。

     

     

    もしかして?なのですが…

    去年より左首筋が痛く、
    首を右に回すのが困難でした。

    肥満の悪影響がこんなところにも…と
    脂肪のせいにしていました。

    昨日「本当に脂肪って心を守ってくれようとして
    ついてるのかも…」って
    思えるようになり脂肪のせいにしなくなったから
    痛みが消えたのかな…と。
    どんなにマッサージしても、
    ディープブルーラブを塗っても治らなかった
    傷みでした。

     

     

    Q.カウンセリングを受けてこれからどんな自分になっていきたいと思いましたか?

     

    『まず楽になりたいです』
    身も心もかるくなって
    本来もっている個性を知り、

    他人と比べることをせず、
    自分の居場所、使命を知り活き活きと
    生きたいです。

     

    Q.サロン「心ハミング」の印象はいかがですか?

     

    想像通り心地のよいサロンでした。
    ヨーロッパ大好きな私にとって
    まさに求めていた空間でした♪


    イタリアのあとにイギリスにも
    少し居たことがあり、
    その場所はロンドンではなく、
    南西の小さな街でした。

    そこで初めてアロマセラピーや
    ハーブティーを知り『癒し』を知りました。
    その時に感じた心地よさを思い出すことが
    できました。

     

     

    ドキドキしてドアの前に立った時、
    ガラスの向こうにスタッフのお二人の
    笑顔が見えた時、
    とても安心できました。

     

    次回もまた楽しみにしております。
    よろしくお願いいたします。

     

    加藤よりメッセージ

    Yさん、ご感想をありがとうございました。

    辛く悲しい喪失を体験した時にいろんなことが
    心とカラダに起こります。

    Yさん長い間、頑張っていらっしゃいましたね。

    「なぜ?どうして?」
    自分から次々に湧き出る感情に対して

    頭で答えを出そうとしても限界があります。

    それは、考える心とは別の、もうひとつの心に
    入り込んでいる数々の感情に
    気づいてあげられていないからです。

    今回Yさんの心の中で一体何が起こっているのを
    整理してお見せすることがいくつかできました。

    自分がなぜこんな考え方行動やをするのかが
    分かると自分が望む考え方行動が出来るようになります。

    その結果
    Yさんが書いてくださったこんな自分になっていけるのです。

    『身も心もかるくなって
    本来もっている個性を知り、

    他人と比べることをせず、
    自分の居場所、使命を知り活き活きと生きる。』

     

     

     

    悲しみと折り合いをつけて
    自分らしく生きることを望まれている方は、
    町田、八王子、厚木、相模原からの来店が多い
    心理カウンセリングルーム「心ハミング」
    加藤久美子に一度ご相談ください。

     

    ※海外に住む方、遠方の方はSkypeや電話で
    受けられています。

     

    まずは『体験カウンセリング』
    へお申込みください。
    『体験カウンセリング』詳細はこちらをクリック